レーシックと保険診療

レーシックと保険診療

  スポンサードリンク

レーシックと保険診療についての情報

レーシック治療に興味がある人はレーシックの治療の効果やレーシックの仕組みや種類、副作用や、後遺症など知りたいことってたくさんあるのではないでしょうか?
その中でも今回は費用にかかわる部分をこのページでは書いてみようと思います。

 

レーシック治療って公的保険が適用されません。
ご存知ですか?

 

レーシック手術は自由診療で、保険適用外なので、普通の一般的な病気の治療のように社会保険や国民健康保険のような公的保険が適用されないのです。

 

つまり、美容整形や、一部を除いたインプラントなどと同じ扱いになるのです。
これも時代によって変わる確率はあるのですが、今のところはメガネやコンタクトで視力矯正をしてくれという感じなんでしょうね。
なので、レーシック手術を受けようと思うと結構費用がかさむので悩んでいらっしゃる方も多いようです。

 

そこでちょっとうれしい情報は野ですが、
生命保険や医療保険で給付対象になる場合もあるようです。それで費用を賄ったり一部足しにしたりする人もいるようですね。
気になる人は詳しく生命保険の約款を読んでみたり加入している保険会社に問い合わせてみてください。

 

ちなみに私が調べた範囲で給付実績のある生命保険会社をあげててみます。

 

日本生命、アメリカンファミリー、明治安田生命、住友生命、第一生命、ソニー生命、三井生命、アメリカンライフインシュアランス、損保ジャパンひまわり生命、JA共済、太陽生命、大同生命、アクサ生命、ジブラルタ生命、AIGスター生命、ソニー損害、三井住友海上火災、東京海上日動あんしん生命、プルデンシャル生命、ウインタートウル・スイス生命、あいおい生命、富国生命、エキスパートアライアンス
というような多くの保険会社で給付実績があるようですが、ただし、加入の時期やプランによって違うらしいので、自分の加入しているプランはどうなのかということを確認したほうがよいようですね。

レーシックと保険診療についての情報でした

スポンサードリンク