レーシック難民の症状

レーシック難民の症状

  スポンサードリンク

レーシック難民の症状についての情報

レーシック難民のかかえる症状

 

レーシック治療について興味があり、調べていると、レーシック難民という方たちがいることを知りました。
そのレーシック難民の方たちが抱える症状の悩みってどんなものがあるのかな?なんて思って調べました。
そのことを書いてみようと思います。

 

まずは、レーシック難民って何よ?って思った方のために説明します。
レーシック難民とは、レーシック手術を受けた方で後で目の不調があり眼科に行って相談しても、視力や、眼には異状ないし、検査データも異常がないとたびたび言われて、他の眼科の病院に相談に行っても答えは同じで、医者に不信感・不安感を持っているけど、相談できるクリニックがない方々のことを言うようです。
中には、眼科の医者に神経質になりすぎているので、心療内科に言ったらどうですか?なんていわれtる方もいるようです。

 

こうなると、眼科の医者に信用できなくなっても仕方ないですよね。

 

このレーシック難民が抱える目の症状とは?どんなものがあるのでしょうか?
・目が疲れる
・近くを見ても焦点が合わない
・目がしょぼしょぼする
・ドライアイ(目が乾燥する)
・頭痛や肩こりがひどくなった

 

というような症状の方が多いようです。

 

眼科医は視力やそのほかの検査結果などを見て診察しますし、レーシック難民の方たちは、実際の症状があり病院を受診するでも症状はデータには表れにくい者ばかりっていうこのずれが眼科医と難民たちの間の溝になっているようです。

 

ドライアイやショボショボする感じなどは検査に現れそうですがどうなんでしょうか?
難民の方たちが少しでも症状がなくなる方法が生まれるといいですね。

レーシック難民の症状についての情報でした

スポンサードリンク