レーシックの仕組み

レーシックの仕組み

  スポンサードリンク

レーシックの仕組みについての情報

レーシック治療に興味があり、調べていて、レーシック手術で目が見えるようになる(視力が回復する)仕組みについて調べてみました。

 

なんでレーシックで視力がよくなるのかな?って不思議だったのです。

 

レーシック治療の仕組みを知る前に目の見える仕組みを理解しなければなりません。

 

眼は、光を通じてを対象物の姿を映像化するようです。
光は表面の角膜や水晶体をととおって、目の奥にある網膜に一点に集まります。そして、視神経を通って脳に送られて脳の視覚野(後頭部)で映像を認識するという仕組みになるようです。

 

近視や遠視、乱視など簿場合は、角膜や水晶体を通るときに屈折異常が起こって焦点が網膜に1点に集中しない状態のようです。1点に集中しないので、ぼやけて見えるんですね。

 

レーシックの仕組みは、角膜や水晶体が屈折異常を起こしていて近視・遠視・乱視になっている状態をレーザーを使って屈折率を調整して正常な焦点が合う状態に矯正する視力回復手術です。

 

ちなみに
近視は、屈折が強すぎて焦点が網膜よりも手前に来ている状態を言い、遠くのものがぼやけます。
遠視は、その逆で、屈折する力が弱く焦点が網膜よりも後ろに来ている状態で近くのものがぼやけている状態です。
乱視は、焦点が複数個所にばらけていて二重に見えたり歪んでいる状態です。

 

このような近視、遠視、乱視の角膜や水晶体の光の屈折率をレーザーで網膜にピントが合う状態に調整する方法をレーシックちりょゆというようです。

 

レーシックの仕組みについての情報でした

スポンサードリンク