レーシック問題のお粗末な実態把握

レーシック問題のお粗末な実態把握

  スポンサードリンク

レーシック問題のお粗末な実態把握についての情報

レーシック問題の実態について考えてみたいと思います。

 

実際に私の周りには、レーシック治療を行って視力が回復してコンタクトレンズをしなければならなかったのに治療後は、コンタクトいらずになったと喜んでいる方もいます。なので、確かに有効な治療法の一つではあると思います。

 

でも、これって成功例の一つでしかないんですよね。

 

レーシックの失敗や後遺症に悩んでいる被害者の存在も多くいるということは気になることです。

 

平成21年には、レーシック時の感染性角膜炎ということが問題になりましたね。これについては最近ではかなり気を配られているようです。

 

それよりも、個人的に問題だと思うのは、
厚生労働省が実態把握していないということだと思います。

 

2013年4月11日に
衆院・消費者問題特別委員会で、
三谷英弘議員(みんなの党所属)がレーシックの問題を取り上げていました。

 

三谷議員は、レーシックの安全性を検討しなくてはならないとして、
・レーシックによってどの程度の問題が生じているのか。
・治療効果、健康被害
を消費者庁と厚生労働省に見解をもとめました。

 

消費者庁は、事故データバンクで
平成21年度7件。22年度6件。23年度15件。24年度8件。というレーシックでの事故を把握しているようです。手術後遠視になった、乱視が酷くなった、ドライアイが悪化した、飛蚊症や光視症になったという被害があるそうです。

 

厚生労働大臣丸川氏の言葉を引用しますが、
「レーシック手術の件数、レーシック以外も含めて手術の件数を全数把握が難しいので、手術の件数は全数を把握しておりません。」と答えていました。

 

手術の総数は把握していないし、健康被害件数についても把握していないということらしいです。

 

厚生労働省って健康に関することの行政機関がレーシック手術の実態そして、健康被害の実態について全く把握していないというのは問題ではないかと思いました。

 

レーシックは、保険がきかない自由診療なので、把握しきれない面もあるかとも思いますが、総数や健康被害が把握されていないっていうのはどうかと思いませんか?

 

実際にネットを探すと、
レーシック被害者の会や、被害者のブログや、手術後の後遺症に悩む人のサイトなどを見ることができます。それだけ数がいるのですから、国の行政機関がしっかりと把握してほしいものだと感じました。

 

感染性角膜炎については、事故防止の依頼をしているということらしいですが、平成21年に大規模な集団で感染性角膜炎の事故が起こったのですから、こういうところもしっかりと対応をしてほしいと思いました。

 

具体的な対処ということもそうですが、
まずは、国の行政機関である厚生労働省や、消費者庁がしっかりとレーシック問題の実態について把握してそして、公のものとして発表することによってレーシック問題での被害を受ける人が少しでも減るのではないでしょうか?

 

目にかかわることって人生に関わることなので、今回のレーシック問題は実態を把握して、真剣に取り組んでいただきたいなって思いました。

レーシック問題のお粗末な実態把握についての情報でした

スポンサードリンク