イントラレーシックとは

イントラレーシックとは

  スポンサードリンク

イントラレーシックとはについての情報

レーシックについてはトップページを見てください。
レーシックは、近視治療などに用いられる角膜屈折矯正手術のことでしたね。
では、

 

イントラレーシックとはどのようなものでしょうか?

 

イントラレーシックとは、(ちなみに英語表示は、Intra-LASIK)
レーシック手術の一つの形態です。

 

ではふつうのレーシックと、イントラレーシックとの違いは何???って思いますよね。

 

レーシック手術で用いられるフラップという角膜に作るフタの作り方に違いがあるようです。
一般的なレーシックは、眼球用の電動カンナ(マイクロけらとーむって言います)を使ってフラップを作ります。

 

イントラレーシックは、イントラレースFSレーザーというものを使って、こんぴゅうーた制御によってフラップを精密に作るようです。

 

コンピュータ制御によるフラップ作成技術なので、安全で正確にフラップを作ることができるようになったようです。
また、コンピューター制御によって、薄く正確に作成できるので、一般的なレーシックよりも強度の近視を矯正することができるそうです。

 

とここまでは、イントラレーシックのすごいところを書いてみましたが、
やっぱり欠点もあるようです。
欠点はというと、
層間角膜炎(DLK)という角膜の炎症が発生したり、手術時間がかかるという欠点があるようです。

 

また、手作業で行う一般的なレーシック手術と比べてコンピュータ制御ということは、イントラレーシックのほうが機材ヲ使うことになります。その分治療費も高額に設定してあることが多いようです。
でも私が調べた時には、
神奈川アイクリニックや、
品川近視クリニックは
イントラレーシックを10万以下の値段を公式ホームページで宣伝していました。

 

イントラレーシックについても後遺症や合併症など不安に感じることがあると思いますので、一度気になる方は評判の良さそうなクリニックに相談してみてはいかがでしょうか?

イントラレーシックとはについての情報でした

スポンサードリンク