眼の治療レーシックと後遺症について

目の治療レーシックとは

  スポンサードリンク

最近レーシックっていう言葉をよく聞きますよね。
レーシックとは、眼の治療の方法の一つです。
レーシック手術っていう手術の方法で、英語で書くとLASIKって書きます。
ちょっと難しい言い方をするとレーシックとは、目の角膜屈折矯正手術の一つの方法です。目の表面の角膜にレーザーを照射して、近視などを強制する視力矯正の手術です。

 

レーシックが登場する前までは、近視の視力矯正といえば、メガネをかけるか?コンタクトレンズをするかっていうのが一般的でした。でもレーシック手術をすることによって、メガネもコンタクトレンズもしなくても裸眼視力をあげることができる画期的な方法です。

 

元AKB48の前田敦子さんや、サッカーの本田圭佑選手などもレーシックを受けたってネットで読んだことがあります。

 

レーシック手術は、レーザーか、眼球用のカンナで薄くスライスすることによってg角膜の中央の表面が薄くなることで、メガネの凹レンズを付けているのと同じ効果が得られるようです。

 

手術の後約1日くらいで共生の効果が発揮するという手術なので、とっても良い近視の治療法と期待されていますが、
後遺症や失敗もあるようなので、レーシックを考えている方は、自分の大切な目のことなので、よく眼科の情報を集めてたくさんのレーシックの手術症例があるところで行ってください。最近できた治療法なので、多くの症例を行っているところのほうがよいと思います。
せっかく「目を良くしたい!!」って思っても失敗したり、後遺症が残ったりでは取り返しがつきませんからね。

 

他のページで、レーシックの後遺症のことなども書いてみますのでよかったら読んでみてください。

 

  スポンサードリンク

サイトマップ